忙しさは充実感に変わる

原宿はどこに行っても人が多いので、原宿でのアルバイトは忙しいという事を覚悟しておいた方がいいでしょう。
平日にも関わらず多くの人が訪れているので、ほかの場所と比べるといつでも混雑しているのが原宿なのです。
そこでのアルバイトとなると、大変なことは承知の上で入らなければならないのですが、職種に関してはさまざまです。
チェーン展開しているような飲食店もあれば、個人で経営している雑貨屋もありますし、洋服屋もあります。
流行の発信地ということもあって、洋服屋がほとんどです。
もちろん、どこも時給が高めに設定されています。
東京自体最低賃金が約900円に設定されているということもあって、全体的に高いのですが、原宿は人が多いということを考慮されているために、飲食店でも1500円以上が鉄則になっています。
忙しさに比例した時給とも言えるのですが、その分トラブルも発生するために労働の対価ではないと感じる人も多く存在します。
発生するトラブルは店によって様々なのですが、やはりミスによって起きてしまうことが多いです。
特に、バイトに入りたての時期になってしまうとミスを頻発してしまうのですが、人が多い故に発生してしまうことですので、仕方のないことでもあります。
研修期間も設けていますが、それ以上に忙しさがあるために研修などしている暇もありません。
そのために、ある程度他の職種で経験を積んでいたほうが、有利になるということもあります。
忙しさを乗り越えると仕事が楽しくなり、忙しいお店を自分たちの力で回したという経験から、やりがいや充実感が得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です